カテゴリー別アーカイブ: WordPress

WordPressプラグインのコーディングでありがちな10の間違いと設計時に考慮すべきこと

WordPress のプラグインを作って公開すべく、基礎からみっちり学習しています。

Codex 日本語版プラグインの作成 の項には、外部リソースとして Ozh さんの2009年記事 「WordPress プラグインのコーディングでよくある10個の間違い」 が紹介されています。

Professional WordPress Plugin Development の著者でもある Ozh さんは、WordPress プラグイン・コンペティションの審査員を努めて来た関係上、今までに相当数のプラグインをレビューしているそうです。

私も色々なプラグインのコード・リーディングをしてみましたが、古いけど良質なこの記事が、必ずしも広く認知されてるわけではないことを感じています。

ということで、古くなっている部分を新しい情報で補いながら、この記事を翻訳で共有してみたいと思います。

続きを読む

たった1行でケータイやスマホ用ページを高速化するQuick CacheのTips

WordPress の WPtouchKtai Style とキャッシュ系プラグインを 併用 する場合には、キャッシュさせないように設定するのが一般的でした。なぜなら、同じ URL のページを、デスクトップ用とモバイル用のキャッシュに分ける事が難しく、両者が混在しちゃうという問題が発生するからです。当然、ケータイやスマートフォンは、キャッシュの恩恵が受けらないですよネ。

ところが Quick Cache なら、オプションでたった1行のコードを設定すれば、それぞれのページを別々にキャッシュできちゃうんです。

ということで、前回記事 では wp-config.php にコードを追記しましたが、今回はもっとスマートに、Quick Cache 側に設定する Tips として紹介したいと思います。
続きを読む

こだわる人のWordPress3大キャッシュプラグイン徹底比較

今回は、WordPress の人気キャッシュ系プラグイン Quick CacheW3 Total CacheWP Super Cache を、3者共通のページを丸ごとキャッシュする 「ページ・キャッシュ」 機能に絞り、比較をしてみました。

これらの情報は既に多数報告されているので、普通に使う分にはそれらで十分なのだと思いますが、性能を引き出すためにも知っておいて損はないかなと思うことをまとめます。

続きを読む

WordPressプラグインの重い処理をバックグランドで非同期に実行する方法

Lacoocan が重たい腰を上げ、今年3月末から MySQL5 が利用可能 になったのを機に、WordPress を 3.4.2 に上げると共に、プラグインを1から見直しています。

すぐに キャッシュ系プラグイン に手を出すのではなく、なるべく素の特性を観ながら、選ぶ楽しさを味わうのもイイかなと。

そんな中、Google Analytics (以下 GA) の集計結果を読み込み人気記事として表示する Google Analytics Popular Posts (以下 GAPP) というプラグインを使いたいと思ったのですが、そのキャッシュ設定をオンにしても、GA との通信で更新に数秒かかってしまうという問題に直面しました。

つまり、たまたま更新のタイミングに当たった運の悪い人にとっては、重たいブログとなってしまうのです。

そこで今回は、そういったプラグインに起因する重たい処理を訪問者のアクセスから分離し、サーバーとのコンビネーションで非同期に処理させる方法を探ってみました。

続きを読む

WordPressのショートコードを極める実用例題&便利プラグイン集

ちまたで 言われている のと同様、私もショートコードの便利さにはまっています。で、自分用のショートコード が貯まってくると、テーマとは独立に My プラグインとして管理したくなりますよネ。

今回の記事は、私が実用的だと思うショートコードと、それらを集めてオリジナルなプラグインを作るための便利ツールを紹介してみたいと思います。
続きを読む

フレッシュ&ハイクオリティな無料WordPress3.0テーマ80

Fresh Themes

海外のテーマって、クオリティの高いものが多い、というのは単なる思い込みでしょうか?

Land-of-web から 80 Fresh FREE High-Quality wordpress 3.0 themes を紹介します。

コンテンツスライダーが特徴的なテーマや HTML5&CSS3 のテーマまで、きっと気を引かれる1本が見つかると思います。そのいくつかを紹介しますが、ぜひご自身の目で確認してみてください 🙂 。
続きを読む

WP Super CacheをRewrite使用不可のLaCoocanで設定する

Nifty の LaCoocan は、Zeus サーバー を使っています。.htaccess の書き方が微妙に Apache 系と違ってたり、LaCoocan が URL の Rewrite 機能 をユーザーに開放してないので パーマリンク が使えなかったりと、何かと不自由です。さらに不満を言えば、MySQL のバージョンが 4.0.27 で、WordPress 2.8.6 以下しか使えません。まったく、何とかしてもらいたいものです 😡 。

特にキャッシュ系プラグインは、「リライト機能が必要」 と勝手に思い込んでいたのですが、そんなことなかったんですネ。次のプラグインを比較をした上で、WP Super Cache をちょっと前から導入しています。

プラグイン 対応 WP バージョン 特徴
WP Super Cache 2.9.2 以上 バージョン 0.9.9.4 から PHP モード (mod_rewrite を使わず、PHP で静的ページへ誘導するモード) をサポート。
W3 Total Cache 2.8 以上 basic モードで PHP で静的ページへ誘導。LaCoocan を Apache と決め付け、.htaccess を勝手に書き換えるなど、行儀が悪い。
Quick Cache 3.0 以上 mod_rewrite を使わず、PHP で静的ページへ誘導する。

さて WP Super Cache を LaCoocan で使う場合、ちょっとしたコツがありますので、紹介したいと思います。
続きを読む

WordPressキャッシュ系プラグインの比較とサイトに適した選び方

WordPress の運営を始めて1年後にしてようやく(満を持して!)、キャッシュ・プラグインを使い始めています。とは言っても、最初は 「アレが速い」 とか 「コレが良い」 などといった記事に目移りして、何をどう使えばよく分かりませんでしたが、ここらで私が理解出来ていることをまとめてみたいと思います。

下図は、サイト閲覧者 ~ WordPress 間の主要なキャッシュ機構とそれをサポートするプラグインの関連です。サーバーのファイルシステムや、メモリ/ハードディスクなどの I/O レベルのキャッシュなどは割愛します。

WordPress周りのキャッシュとプラグイン

WordPress周りのキャッシュとプラグイン

図を見れば分かる通り、W3 Total Cache がその名の通り全てのキャッシュをカバーしています。さらにメモリ・キャッシュ、CDN へのアップロード機能、各種 PHP アクセラレータ (ACPeAcceleratorXCache)、HTTP アクセラレータ (Varnish) など、サーバー運営に必要な機能をサポートしており、特に海外では人気のプラグインとなっています。本エントリーでは、こういった高度な機能はとりあえず脇においておき (というか、LaCoocan では試せないので 😉 )、各キャッシュ機構ごとに、サイトの状況に合ったプラグインの選び方と設定を考えていきます。
続きを読む

iPad風jQueryイメージスライダーをWordPress記事に組み込む

Build an iPad-Themed Image Slider With jQuery のチュートリアルを参考に iPad風イメージスライダーを WordPress 記事に組み入れてみました。それだけだとアレなので、超簡単にレイアウトする方法と、表示するページにだけ CSS と JavaScript を <head></head> に埋め込む方法を解説してみました。

Aurora borealisBack scattering crepuscularClifton BeachSeascape after sunsetSnow Scene at Shipka Pass

続きを読む