Web Automobile Firewallという考え方

今回は、めずらしく妄想系のハナシを書きたいと思います。

昨今、自動車業界が「自動運転」で騒がしい事はご存知だと思います。ブームの発端は Google X のプロジェクト なワケですが、中でも「セキュリティ」が盛り上がりを見せています。

つい先日も BMW がセキュリティ上の欠陥を見つけた とか、DARPAのハッカーが、衛星通信サービスの脆弱性をついて GM のコンピュータ・ソフトウェアを書き換え、ホーンを勝手に鳴らすのはご愛嬌としても、ブレーキを利かなく出来る という問題が騒がれました。期せずして、自動車業界にはセキュリティの専門家がいないということを露呈しちゃったワケです。

背景

今を遡る事、??年前、マルチメディア・パソコンなるものがもてはやされた後、インターネットを使ったビジネスが流行ると言われていました。

しかし現実的には、なかなかウマいビジネス・モデルが出てきませんでした。当時、「ナゼ?」と考えていて思い当たったのが、インターネット上で安心してお金のやり取りをするには、盗まれないようにする仕組みが必要だと言う事です。

時は流れて現在、IoT というキーワードがもてはやされていますが、やはり自動運転時代のビジネスが花開くためには、「セキュリティだ!」という、漠然とした思いに駆られ、去年からセキュリティの勉強を始めていたワケです。

何を隠そう、その具体的成果が 前回のエントリー です。

自動車会社によるセキュリティ・エンジニアの争奪合戦が始まるゾ

今はまだ、セキュリティを要件とした自動車業界からの人材募集 は目立っていませんが、そのうちセキュリティ・エンジニアの大争奪合戦が始まるんじゃないかというのが、今の私の見解です。

大手自動車メーカーの給料って、40代で1000万ぐらいじゃないかと思っているのですが(根拠なし)、これから年収1000万から2000万ぐらい(これも根拠なし)を目指したいヒトは、自動車業界をターゲットにしたセキュリティの専門家を目指すのがイイんじゃないかと思う今日この頃です。

妄想系が過ぎますかネ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

海外からの投稿は受け付けていません