タグ別アーカイブ: web service

IP Geo Block

海外からの投稿を弾くスパム対策用WordPressプラグインをリリースします

スパム投稿を選別して弾くプラグインは、Akismet はもちろん、CAPTCHA を使うタイプ、日本語を含まない投稿を禁止するタイプ、ロボット投稿の裏をかく隠しフィールドを備えたタイプなどなど、数多くあります。

それぞれに一長一短がある中で、投稿者の国を選別するプラグインがあっても良いんじゃない? ということで、これまた一長一短のあるプラグイン IP Geo Block を作りました。島国ニッポンならではの割り切りができる人なら、お試しください 😀 。

続きを読む

IP Address Geolocation RESTful APIs

IPアドレスの地理的位置情報が引ける無料RESTful API集

IP アドレスからサーバーの地理的位置情報(Geolocation)を調べてくれるオンライン・サービスは、ちょっと検索すればすぐに見つかりますし、有料のサービスも山ほどあります。が、サーバーから任意の IP アドレスが引ける無料のサービスとなると、ちょっと時間をかけて検索しなければなりません。

今回は、海外からのコメント・スパムをブロックする WordPress プラグインを作りたくて、タイトルの様なサービスを調べてみました。

IP Geolocation の歴史も調べてみましたので、雑学系としてもご覧ください。

続きを読む

特集:GitHub通のためのリニューアルまとめ – ビジネスを成功に導く5つの仕掛け

これまでも サービスAPI の更新や、それに伴う UI の変更など、小刻みな機能向上が図られていましたが、昨年11月、GitHub の ヘッダ、フッタが新しくなった のを皮切りに、12月には Gist のリニューアルGitHub トップページのリニューアル が立て続けに行われました。

また今年1月には、ユーザー数が、アカウントベースで300万人を超えた そうです。

小さくかつ素早く、不断のサービス向上を図る姿勢が、ここまでユーザーを惹き付けた理由なのでしょう。

一方、公式ブログ を追いかけていくと、単に Git のリポジトリ・サーバーとして便利で使い易くする以上に、「自然に人が集まる魅力的なコミュニティ」を目指し、「誰もが気軽に参加できるオープンソース・コミュニティを創る」という意気込みのようなものを感じました。

人が集まれば、それだけビジネスの機会も増えるというワケです。

そこで今回は、「次の目標:ユーザー数500万」という想定で、リニューアルの狙いを次の5つの仕掛けとしてまとめてみました。

続きを読む

WordPressよりjekyllで本格的ブログを作りたくなる、かもしれないまとめ

ここ最近、jekyll に関する記事を目にする事が多くなりました。

以前から WordPress でオリジナルなブログを作ってみたいと思いながらも、なかなか重い腰が上がらなかった私が、なんとなく jekyll でブログを作り始めてみたら、以外にオモシロかった、という話をまとめてみたいと思います。

本来生まれも育ちも違う、WordPress と jekyll を比べる こと自体はナンセンスなので、jekyll でどこまでできるかが本記事のメイン・テーマです。

大抵は 「ブログなら、最低このぐらいの機能が欲しいよネ」 というのがあると思います。例えば、私も使っている Octopress では、カテゴリとタグを使い分けることが出来ません。またカテゴリを階層化したい人もいるでしょう。「続きを読む」的な機能だって、欲しいですよネ。

一方海外では、「WordPress から jekyll に乗り換えました!」 的な記事を目にすることも多く、jekyll はある面で、他の CMS にない魅力を持っているのも事実だと思います。

そこで今回は、「PHP は飽きたんで、Ruby でも始めてみようか」 的な人や、「WordPress でデザイン・テンプレートを作ってみたいんだけど…」 的な人を jekyll に引き込むことを目標に、そのポイントと魅力、およびブログ構築に必要な実際の作り込みについての情報を中心に、話を展開してみたいと思います。

また GitHub に、Twitter Bootstrap を使ったレスポンシブな 実験的テンプレートサンプル も公開しましたので、合わせて参考にしてください。

続きを読む

ブラックホールサーバーによるフロントエンドSPOF分析のすすめ

SPOF と聞いて、すぐに 「あぁ、Single Point of Failure (単一障害点) のことネ」 と分かる人は、まじめにシステム工学を勉強した人か、ハードウェアを含む情報システム設計に知見のある人だと思います。

では、「フロントエンド」 が付くと、いったい何を指すのでしょうか?

現代の Web サイトの多くは、自分が管理する (あるいは借りている) サーバーで全てのサービスを賄うのは、Yahoo や Google などの超大手以外ではほとんどないんじゃないかと思うほど、サードパーティが提供するサービスを取り込んでいると思います。Facebook、Twitter、flickr、YouTube はもちろん、jQuery などのライブラリ CDN、WebFont、アクセス解析なんかもありますネ。

もしこういったサービスを提供するサードパーティのサーバーがダウンした時、あなたのサイトは、その主たるコンテンツをちゃんとユーザーに提供できますか? というのが今回のお題です。

さらには、こういった単一障害点を分析し対策を打っておく事が、実はサイトのボトルネックを把握し、レスポンスを上げる事にもつながるという話をしたいと思います。

続きを読む

実践GitHub Pages運用のユースケースとワークフローの詳細

GitHub Pages Workflow

前回、GitHub Pages 活用の概要を書きましたが、実際に運用していくと、mastergh-pages をどう使い分けるか、また両者の同期をどう行うかなど、いくつかの課題が浮かび上がってくると思います。

そこで今回は、実際に GitHub Pages 上で運用されている Dive Into HTML5 をよく知る立場から書かれた記事 「GitHub Pages Workflow and deleting git’s `master` branch – Oli.jp」 の翻訳を中心に、関連するいくつかの記事から、ユースケースと運用のシナリオ、及びそれに応じたワークフローをまとめてみました。

以下は、その参考記事です。

  1. Git post-commit hook to keep master and gh-pages branch in sync by Paul Irish
  2. 2011年10月13日 Easily keep gh-pages in sync with master | Lea Verou
  3. 2011年10月13日 Quick tip: git checkout specific files from another branch
  4. 2011年10月14日 GitHub Pages Workflow and deleting git’s master branch – Oli.jp
  5. 2011年11月29日 Ryan Fitzer » Easy Syncing of GitHub Pages

これらの記事は、書かれた日付が近いのもそうですが、相互に参照したり、コメント欄で議論したりしていますので、それらをトラッキングしながら私なりの注釈も加えていきたいと思います 😀 。

ちなみに GitHub Pages には、ユーザーページとプロジェクトページの2種類があることは前回説明した通りです。前者は基本的に master ブランチのみを管理すれば良いので、本記事では、mastergh-pages の2つのブランチを管理しなければならない後者を主な対象としています。
続きを読む

IPアドレスからアクセス元サーバーの位置情報を調べるjQueryプラグイン

2000年代前半、荒らし掲示板スパム に悩まされていた頃、JPNIC やら RIPE やらの WHOIS データベースで IP アドレスの出所を調べ、「また関西からだよ」 とか 「お、役所からだゾ、串刺されてんのかな」 とかやっていたわけですが、アクセス元を調べたところで結局のところ IP を弾くイタチゴッコを続けていたものでした。当時は、WHOIS にわざわざ アドレスをコピペしてクリック じゃなく、自サイトからオンラインで調べられたら便利だなぁと思っていました。

さて今もそんなニーズがあるのかわかりませんが、jQuery Plugins にそんな思いを実現してくれる jqIpLocation というプラグインが紹介されていたので、試してみました。

実はこのプラグイン、IPInfoDB が無料で提供する DB サービスを利用して、IP アドレスからアクセスポイントの位置情報を引っ張ってきます。他にも同様のサービスがありましたので、そういった情報も共有してみたいと思います。

続きを読む

GoogleのPage Speedサービスが教えてくれるサイト高速化の秘訣

Page Speed といえば Google Chrome や Firefox のエクステンションにはじまり、同様にページの問題点を解析するオンライン・サービス Page Speed Online やその API、JavaScript/CSS ファイルの結合や圧縮、画像の最適化などを動的に実行する Apache モジュール mod_pagespeed など、サイトを高速化するためのシカケを提供してくれていましたが、ついにというか、Google の高速化ノウハウが詰まった代理サーバー自体を提供するというサービスが始まりました。

このサービスは、自サイトのサーバーで DNS CNAME(Canonical Name) エントリーを ghs.google.com に設定し、リクエストを Google のサーバーに転送、リソースの読み込み先が Google のサーバーに書き換えられた HTML がレスポンスされるという仕組みで動作するようです。現時点では無料みたいですが、まだ 全ての Webmaster が利用できると言う訳ではなさそうですし、私のように単なるホスティング・サービスを利用している身には使い様がありません。が、このサービスの効果をテストする ことは出来ますので、その結果をレポートしてみたいと思います。
続きを読む

無料の音楽・効果音でビデオ作品を1ランクアップ!!素材サイト9選

ビデオ作品にとって、音楽は単なる飾りではありません。作品の雰囲気や狙いを伝える重要な役割を果たします。アマチュアから次のプロフェッショナルなレベルに移行するためのポイントは、音楽や効果音にあるといっても言い過ぎではないでしょう。

でも、普通の音楽CDをコピーして使うわけにはいきません。そんな時、無料か、寄付か、あるいはクレジットでリンクを表示するなどで使える、オンラインの音楽リソースがあると、アマチュアとしては嬉しい限りです。

もちろん、無料で使える音楽素材を検索する と、日本でも数多くの素敵な素材サイトを見つける事が出来ますが、ボーカル曲 となると、極端に少なくなります。

ということで今回は、洋モノになりますが、ボーカル曲を含む素材サイトを紹介してみたいと思います。「世界の車窓から」 のような、素敵な作品が出来ますように…。
続きを読む

jsFiddleをとことん楽しむために知っておくと良い15の事

jsFiddle

fiddle」 には、「いじくる, もて遊ぶ」 とか 「暇・時間をつぶす」 などの意味があるようです。「jsFiddle」 はご存知の通り、HTML + CSS + Mootools、jQuery、Prototype、Dojo などの各種 JavaScript フレームワークで、遊んでみようというサイトです。日本には、「jsdo.it」 という、楽しいサイトもあるのですが、jsFiddle はまだαバージョン。次のβバージョンでは機能追加が数多く予定されており、個人的には期待大なのです。また jsdo.it にはない機能もありますので、必要に応じて使い分けるのが吉だと思います。

今回はそんな魅力が伝えられるよう、まとめてみたいと思います。
続きを読む