タグ別アーカイブ: LaCoocan

WP Super CacheをRewrite使用不可のLaCoocanで設定する

Nifty の LaCoocan は、Zeus サーバー を使っています。.htaccess の書き方が微妙に Apache 系と違ってたり、LaCoocan が URL の Rewrite 機能 をユーザーに開放してないので パーマリンク が使えなかったりと、何かと不自由です。さらに不満を言えば、MySQL のバージョンが 4.0.27 で、WordPress 2.8.6 以下しか使えません。まったく、何とかしてもらいたいものです 😡 。

特にキャッシュ系プラグインは、「リライト機能が必要」 と勝手に思い込んでいたのですが、そんなことなかったんですネ。次のプラグインを比較をした上で、WP Super Cache をちょっと前から導入しています。

プラグイン 対応 WP バージョン 特徴
WP Super Cache 2.9.2 以上 バージョン 0.9.9.4 から PHP モード (mod_rewrite を使わず、PHP で静的ページへ誘導するモード) をサポート。
W3 Total Cache 2.8 以上 basic モードで PHP で静的ページへ誘導。LaCoocan を Apache と決め付け、.htaccess を勝手に書き換えるなど、行儀が悪い。
Quick Cache 3.0 以上 mod_rewrite を使わず、PHP で静的ページへ誘導する。

さて WP Super Cache を LaCoocan で使う場合、ちょっとしたコツがありますので、紹介したいと思います。
続きを読む

LaCoocanの.htaccessで出来ること (3)

今回はスパムを弾いたりする際に有効なアクセス制御・ディレクティブに関して、LaCoocanでの対応状況を調べました。

kick the spam

ます最初に弾きたいIPアドレスやホストを限定するためのセクション・ディレクティブの一般的解説、次にアクセス制御・ディレクティブの一般的解説、続いてリダイレクト・ディレクティブの一般的解説を行います。リダイレクト・ディレクティブは本来リソースの移転先をクライアントに知らせる事が目的ですが、ここではスパム投稿を弾き飛ばすために使ってみたいと思います。最後にLaCoocanで使えるパターンと使えないパターンの具体例をまとめます。
続きを読む

LaCoocanの.htaccessで出来ること (2)

LaCoocanのサーバーソフトウェアはZeusですが、Apache に比べ .htaccess に関する情報が極端に少ない気がします。そこで少しずつですが、調べていこうと思います。

今回はブログサイトの運営に最重要な以下の2つの機能について、関連するディレクティブが LaCoocan で動作するかを検証しました。

  • キャッシュ制御のための Expires ヘッダ設定
  • コンテンツの圧縮設定

まずはキャッシュ対象のファイルやコンテンツを限定するために有効なセクション・ディレクティブに関する一般的な解説です。
続きを読む

LaCoocanの.htaccessで出来ること

サイトマップを生成するプラグイン Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress をインストールし、出来上がった sitemap.xml にアクセスしたところ、

この XML ファイルにはスタイル情報が関連づけられていないようです。以下にドキュメントツリーを表示します。

とFirefoxに怒られました。ブラウザによって対応が異なるようですが、いずれにしてもMIMEタイプの設定が必要となりましたので、ついでにLaCoocanの.htaccessで出来ることをちょっと調べてみました。といっても、大部分LaCoocanのマニュアルに書いてあることですが…。
ちなみに

@niftyでは「.htaccess」の利用に関してはサポートいたしませんので、予めご了承ください。

とのことですのでご注意ください。
続きを読む

LaCoocanではWordPress2.9が利用できない!?

本日WP2.9英語版に引き続き日本語版がリリースされたようで、自動バージョンアップを実行したら

The update cannot be installed because WordPress 2.9 requires MySQL version 4.1.2 or higher. You are running version 4.0.27.

だそう。MT5.0のインストール時に引き続き、すぐさまLaCoocanのサポートデスクにMySQLのバージョンアップを強く要望しておきました。どうせならMT5.0も使えるようにMySQL5.0にして欲しいですね。

果たしてどうなることやら。

LaCoocanにMovable Type5.0をインストールしてみた

WordPressのドキュメントに「臆病なユーザーといい加減なユーザー」というフレーズがありますが、私の場合は前者です。ブログはトラックバックやピンバックという「他とつながる」仕掛けがあるから面白いのであって、それを使わないのなら旧来の掲示板と何ら変わらない。それが分かっていながら、「トラックバックを送ったら迷惑がかからないだろうか?」とか「こんなこと書いて皆の役に立つのだろうか?」と心配してしまうのです。

そんな理由で密かにMovable Typeをインストールして、WordPressとのトラックバック&ピンバックのやり取りでどんなことが起きるのかを試してみたいと思った次第です。インストール作業自体はLaCoocanのマニュアルがあったので滞りなくできました。

WordPress 2.8.6 Movable Type 5.0
インストール容量 約9.4MB 約21.6MB
MySQL項目数 10 43
複数ブログの構築 ブログごとにWPをインストール 1つのMTで可能
データベース接頭辞 ブログごとに定義が可能 1つのMTで共通

現在本ブログ以外に、テスト用としてWPを2つ、MT5の方は1つの「ウェッブサイト」に2つの「ブログ」を開設した状態です。

ところでインストール後に気付いたのですが、LaCoocanはMT5の動作環境要求を満たしていません。

MT5要求仕様 LaCoocan仕様
MySQL 5.0 以上 4.0.27
SQLite 動作不可 利用可能
Perl 5.8.1 以上 5.8.7

ということで、LaCoocanではMT5は動作させられないということになります。この記事も「実質的な動作に問題ない」などと言うつもりはまったく無く、後にMT5は削除するつもりであることを予めお断りしておきます。ちなみにLaCoocanの会員サポートお問い合わせフォームからMySQLのバージョンアップ要望を出しところ、「現在バージョン変更の予定はございません。・・・会員様からの貴重なご意見として承らせていただきたく存じます。」と丁寧な返答が返ってきました。

先の表のインストール容量からも分かるとおり、MTは単なるブログツールというより「ウェッブサイト」全体のコンテンツ管理システム(CMS)といった感じです。これはSixApart社のビジネスから言えば必然なのでしょう。これに対しWPは純粋にブログのCMSと言えると思います。LaCoocanではウェッブサイトCMSとしてJoomla!を紹介しており、WP+Joomla!でサービスを展開して行こうということでしょうか。

WPは最初の1ページを作るまでが直感的で分かりやすくブログ初心者でも難なく開設できます。一方MTは、ウェッブサイト開設 → ブログ開設 → 記事を書く、といった流れになり、インストールパス、ウェッブサイトURLとパス、ブログURLとパスの設定が必要となるので、これらを解説をしてくれているサイトで情報を収集し、設計してからインストールするのが吉かと思います。例えばプログラムはCGIとして /homepage/cgi-bin などの下にインストールし、ウェッブサイトとブログはドキュメントとして /homepage/blog などの下に構築するなどです。私は全体像が掴めないままマニュアルも読まずに行き当たりばったりで構築してしまったので、ディレクトリ階層が深くなってしまいました。

さて肝心のWPとMTのトラックバック/ピンバックのやり取りについては、後日実験をまとめてみたいと思います。

補足

日本のMT公式サイト http://www.sixapart.jp/ あるいは http://www.movabletype.jp/ からはMT5しか落とせませんが、以下からMT4がダウンロードできることが分かりました。

MT4日本語のダウンロード

MT4日本語版のダウンロード

またインストール先のディレクトリ構成なども、日本の公式サイトより英語サイトの方が分かり易く書いてあります。 🙂