タグ別アーカイブ: GitHub

特集:GitHub通のためのリニューアルまとめ – ビジネスを成功に導く5つの仕掛け

これまでも サービスAPI の更新や、それに伴う UI の変更など、小刻みな機能向上が図られていましたが、昨年11月、GitHub の ヘッダ、フッタが新しくなった のを皮切りに、12月には Gist のリニューアルGitHub トップページのリニューアル が立て続けに行われました。

また今年1月には、ユーザー数が、アカウントベースで300万人を超えた そうです。

小さくかつ素早く、不断のサービス向上を図る姿勢が、ここまでユーザーを惹き付けた理由なのでしょう。

一方、公式ブログ を追いかけていくと、単に Git のリポジトリ・サーバーとして便利で使い易くする以上に、「自然に人が集まる魅力的なコミュニティ」を目指し、「誰もが気軽に参加できるオープンソース・コミュニティを創る」という意気込みのようなものを感じました。

人が集まれば、それだけビジネスの機会も増えるというワケです。

そこで今回は、「次の目標:ユーザー数500万」という想定で、リニューアルの狙いを次の5つの仕掛けとしてまとめてみました。

続きを読む

WordPressよりjekyllで本格的ブログを作りたくなる、かもしれないまとめ

ここ最近、jekyll に関する記事を目にする事が多くなりました。

以前から WordPress でオリジナルなブログを作ってみたいと思いながらも、なかなか重い腰が上がらなかった私が、なんとなく jekyll でブログを作り始めてみたら、以外にオモシロかった、という話をまとめてみたいと思います。

本来生まれも育ちも違う、WordPress と jekyll を比べる こと自体はナンセンスなので、jekyll でどこまでできるかが本記事のメイン・テーマです。

大抵は 「ブログなら、最低このぐらいの機能が欲しいよネ」 というのがあると思います。例えば、私も使っている Octopress では、カテゴリとタグを使い分けることが出来ません。またカテゴリを階層化したい人もいるでしょう。「続きを読む」的な機能だって、欲しいですよネ。

一方海外では、「WordPress から jekyll に乗り換えました!」 的な記事を目にすることも多く、jekyll はある面で、他の CMS にない魅力を持っているのも事実だと思います。

そこで今回は、「PHP は飽きたんで、Ruby でも始めてみようか」 的な人や、「WordPress でデザイン・テンプレートを作ってみたいんだけど…」 的な人を jekyll に引き込むことを目標に、そのポイントと魅力、およびブログ構築に必要な実際の作り込みについての情報を中心に、話を展開してみたいと思います。

また GitHub に、Twitter Bootstrap を使ったレスポンシブな 実験的テンプレートサンプル も公開しましたので、合わせて参考にしてください。

続きを読む

実践GitHub Pages運用のユースケースとワークフローの詳細

GitHub Pages Workflow

前回、GitHub Pages 活用の概要を書きましたが、実際に運用していくと、mastergh-pages をどう使い分けるか、また両者の同期をどう行うかなど、いくつかの課題が浮かび上がってくると思います。

そこで今回は、実際に GitHub Pages 上で運用されている Dive Into HTML5 をよく知る立場から書かれた記事 「GitHub Pages Workflow and deleting git’s `master` branch – Oli.jp」 の翻訳を中心に、関連するいくつかの記事から、ユースケースと運用のシナリオ、及びそれに応じたワークフローをまとめてみました。

以下は、その参考記事です。

  1. Git post-commit hook to keep master and gh-pages branch in sync by Paul Irish
  2. 2011年10月13日 Easily keep gh-pages in sync with master | Lea Verou
  3. 2011年10月13日 Quick tip: git checkout specific files from another branch
  4. 2011年10月14日 GitHub Pages Workflow and deleting git’s master branch – Oli.jp
  5. 2011年11月29日 Ryan Fitzer » Easy Syncing of GitHub Pages

これらの記事は、書かれた日付が近いのもそうですが、相互に参照したり、コメント欄で議論したりしていますので、それらをトラッキングしながら私なりの注釈も加えていきたいと思います 😀 。

ちなみに GitHub Pages には、ユーザーページとプロジェクトページの2種類があることは前回説明した通りです。前者は基本的に master ブランチのみを管理すれば良いので、本記事では、mastergh-pages の2つのブランチを管理しなければならない後者を主な対象としています。
続きを読む

GitHub Pagesホスティングサービス(ほぼ)完全活用ガイド

GitHub がオープンソースの場として魅力的な理由は、Git という優れた分散・協調型リビジョン管理システムのリポジトリー・ザーバーとして誰でも利用できるということはもちろん、README などのドキュメント生成機能やコメンティング機能、問題のトラッキング機能など、Git を補助し、オープンな分散・協調開発を支えるサブシステムが充実している点が挙げられるでしょう。無料でもかなりのことができるのに、ビジネスとしてもちゃんと成立している理由はこんなところにあるように思います。

ただ、同種サービスの Google CodeBitbucket と決定的に異なり、GitHub の最大の魅力となっているのは、GitHub Pages という1種のホスティング・サービスではないかと思います。成果物をただずらずらと味気ないページに並べるのではなく、趣向を凝らした紹介ページを自由に作り、プロジェクトの成果を世界にアピールする − GitHub Pages は、そんなことのできるサービスです。

2008年12月の GitHub Blog の記事 には、次のような GitHub Pages の紹介があります。

You can put anything here you like. Use it as a customizable home for your Git repos. Create a blog and spread your ideas. Whatever you want!
(GitHub Pages 上にはお好みで何でも置くことができます。Git リポジトリのホームページとしてカスタマイズしても良し、ブログを設置してあなたのアイディアを広げても良し。あなた次第です!)

ということで今回は、この GitHub ページの活用方法をまとめてみたいと思います。

目次

  1. GitHub Pagesの概要
  2. かんたん、カッコいいGitHub Pagesの作り方
  3. GitHub Pagesプロジェクト・ギャラリー

続きを読む

脱GitHub初心者を目指す人のREADMEマークダウン使いこなし術

GitHub README

README がキチッと書かれているプロジェクトって、どんなに小さくても立派に見えますよネ。

GitHub の場合、大抵はマークダウン記法で書かれた README.md とか README.markdown とかいう名前のファイルが、HTML に変換 (マークアップ) されて表示されていることはご存知でしょう。

マークダウン記法自体はとても簡単なのですが、GitHub では GitHub Flavored Markdown (略して GFM) という GitHub 用にアレンジされたマークダウン・エンジンが採用されていて、一般のマークダウン・エディタでチェックしてからコミットしても、意図通りの見た目にならないことが多々あります。私 (もちろん GitHub 初心者です!) の場合、README ファイルだけで10回以上もコミットしてしまいました。「マークアップ (レンダリング) を気にして書くマークダウン」 なんて、何ともナンセンスですよネ。

ということで、私の二の舞にならないよう、スマートに README ファイルをコミットする方法を共有してみたいと思います。
続きを読む